事例8

株式会社H社(花販売業)

お客様からの声
経営支援を受けるのは初めての経験でしたが、信用保証協会の担当の方、中小企業診断士の先生方は熱心に真剣に取組んで下さり、経営の方向性を解りやすく示して下さいました。
また、借入の際には金融機関との橋渡しをしていただき、心強かったです。
派遣終了後も、担当の方、先生方は、近くに来られた時にはお立ち寄り下さり、色々と相談に乗っていただいたりアドバイスして下さったりと温かい心遣いをいただき感謝しています。保証協会の協力がなかったら、きっと廃業になっていたかも知れません。ありがとうございました。

企業概要

  • 業歴64年。婦人服・生花の小売店(1店舗)を経営。また、約40年前よりフラワーアレンジメント教室も兼営。
  • 代表者が母親の介護に追われ、店舗を閉店がちにしてしまったこと及び、近隣の大手商業施設に顧客を奪われたことにより、売上が減少。赤字の状況に陥っていた。
  • 介護が一段落した後は、代表者が介護施設の入居者向けにフラワーアレンジメントの出張教室も開始し、好評を得て顧客数は増加したが、ボランティア的要素が強く、収益の向上には寄与していなかった。

支援の内容

  • 国の「信用保証協会中小企業・小規模事業者経営支援強化促進事業」により、当協会の訪問支援担当者が経営状況等確認のために訪問し、ヒアリングの結果、外部専門家派遣事業による経営支援の余地が大きいものと判断、経営改善計画策定を勧め、申込みに至った。
  • 当協会より中小企業診断士を派遣し、経営管理ルールの作成、適正な経費管理につき改善を指導するとともに、代表者が希望していた新事業「プリザーブドフラワー(枯れにくい花)」の卸売事業の事業計画も含めた経営改善計画を策定した。
  • 策定した経営改善計画については、当協会が事務局となって経営サポート会議により主要取引金融機関に説明し、新事業の事業性について理解を得、新事業が軌道にのった際には金融支援の協力を依頼した。
  • 経営改善計画策定後、仕入ルート・販売ルートも確立し、仕入資金の調達が必要となったため、計画策定支援を行った中小企業診断士によるフォローアップ派遣を行い、金融支援の検討に必要な書類(計画進捗報告と新事業の収支計画)の作成も支援した。

支援の結果

  • 経営改善計画書、計画進捗報告書、新事業の収支計画書等を通じて、当社の事業の改善可能性と返済の見通しにつき金融機関の理解が得られたことにより、金融支援(短期融資)を受けることが出来、収支改善の見通しが立った。
  • その後も支援企業からの定期的な計画進捗状況報告に基づき、金融機関と保証協会が協力して金融支援が行える態勢が整った。
  • 創業支援
  • 経営・再生支援
  • メンバーページ
  • 協会窓口のご案内
  • 保証実績の公表
  • 経営者保証に関するガイドライン活用実績の公表
  • 中小企業経営診断システム(McSS)を用いた財務診断の提供
  • 公式LINEアカウント