流動資産担保融資保証制度(ABL保証)について

第1.目的

中小企業者が有する売掛債権及び棚卸資産を担保とした融資に対する保証を行うことにより、中小企業者の事業資金の融通について、円滑化・多様化を図ることを目的としています。

第2.ご利用のメリット

不動産担保に頼らずに資金調達ができます 不動産担保や第三者保証人によらず、営業取引等から発生した売掛債権や棚卸資産を担保に、借入ができます。
資金繰りを改善できます 取引先からの入金を待たずに、資金調達が可能です。
借入可能額が拡大できます 一般の保証とは別に、2億5千万円を限度とした借入が可能です。

第3.制度の仕組み

第4.保証条件

資金使途 運転・設備
保証限度額 2億円
(注)極度額(貸付金額)の上限は、2億5,000万円
根保証における極度額の単位は百万円単位とし、個々の貸越金額及び個別保証における貸付金額の単位は千円単位とする。
保証期間 根保証・・・1年
個別保証・・・1年以内
(個別保証で未発生債権を引当としない場合は6か月以内を目処とする。)
貸付形式 根保証・・・当座貸越
個別保証・・・手形貸付
貸付利率 金融機関所定利率
連帯保証人・担保 保証人は法人の代表者に限ります。
申込人の有する売掛債権及び棚卸資産のみ(どちらか一方のみを含む)とします。ただし、個別保証の場合は売掛債権のみとします。
保証料率 0.68%
  • 創業支援
  • 経営・再生支援
  • 協会窓口のご案内