反社会的勢力の排除等について

反社会的勢力への対応について

暴力団等の反社会的勢力は信用保証協会の保証の対象となりません。

公共性の高い使命と重い社会的責任を負う信用保証協会としては、暴力団等の反社会的勢力に対して は信用保証を行いません。

また、申込人や保証人が、自らまたは第三者を利用して暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当 な要求行為等を行う場合も保証の対象としておりません。

信用保証をご利用の際にご提出いただく信用保証委託契約書には、委託者ご本人または保証人が暴力 団等の反社会的勢力に該当しないこと、またはそれに類する行為を現在かつ将来にわたり行わないこと などを表明、確約していただくため、反社会的勢力を排除する旨の条項を定めております。

  • (反社会的勢力とは)
  • 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業等
  • 暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
  • 暴力団等と密接な関係を有する者(いわゆる共生者、密接交際者)
  • 自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求行為等を行う者

金融斡旋屋の介入について

悪質な仲介業者、いわゆる金融斡旋屋が保証申込にあたって斡旋を行った手数料等の名目で、不法な報酬を要求する事例が発生しております。

信用保証協会においては、保証にあたって所定の保証料以外に、手数料、入会金等は一切いただいておりません。また、金融斡旋屋等の第三者が介在する場合は、保証の取扱いは行いませんのでご注意下さい。

保証協会の関係者を装う電話について

最近、「横浜市信用保証協会から債権回収の委託を受け、返済について相談したい」などと、あたかも当協会と関係のあるかのごとく装い、連絡を取る者がおります。

横浜市信用保証協会では、代位弁済後の債権について「保証協会債権回収(株)」に限り業務の委託を行っており、その他の機関へは一切行っておりませんので、ご注意下さい。

「保証協会等の特別融資を御社の元へお届け致します」とのダイレクトメールについて

最近、「保証協会等の特別融資を御社の元へお届け致します」とのダイレクトメールが届き、保証協会と関係があるか、とのお問い合わせが寄せられていますが、信用保証協会は、このような業者と一切関係なく、提携等の事実はありません。

このようなダイレクトメールにはご注意下さい。

保証協会債権回収(株)を装った架空請求メールについて

最近、当協会とは関係のない第三者が「(当社は)信用保証協会の委託に基づいて、信用保証協会の債権管理及び回収を行っている。」とかたって、架空代金請求メールを送付するケースが複数発生しております。

信用保証協会では、「保証協会債権回収㈱」以外、求償権回収の委託を一切行っておらず、メールでの請求もしておりませんので、ご注意ください。

  • 創業支援
  • 経営・再生支援
  • 協会窓口のご案内